テレビを見れるようにした

何度か過去のエントリー中に書いた事があるかもしれないのだが、
我が家にはアンテナを立てていない為にテレビを視聴する事が出来ない。

元々テレビを見ない人と言う訳ではないのだが、
帰宅した時間が遅い場合にダラダラとテレビを見てしまう時が多く、
なんだかものすごい時間を費やしているのに、結局何も面白くなかったり、
果ては変にテレビに踊らされる状態になっているような気がしていた。

そこで、今の家を建てた時にアンテナをつける事を保留したのだった。

最初、ニュースを見る事が出来ないと、色々と困るのではないかと思ったのだが、
実際にテレビの無い生活をし始めてみると特に困る事はなかった。
多少、周りの話題に乗り切れない時が無い訳ではないのだが、
それは単に聞き手に回ればいい話であって致命的な事ではなかった。

ただ、結構楽しみにしていたNHKのドキュメンタリーや特集。
そして、教育テレビの子供向け番組などはやはり見れた方がいいと感じている。

 

そこで

子供向け番組に関しては、DVDをレンタルする事で当座をしのいで、
どうしても見たいと思うドキュメンタリーに関しては、ワンセグ放送を視聴出来るようにしようと考えた。
正確には、NHKのオンデマンドしかないかな?と思っていた所にTwitterで指摘された訳だが。

私が所有している携帯はiPhoneなので、ガラケーのようにワンセグを受信する事は出来ないのだが、
簡単なキットを購入する事で受信する事が出来た

 

セットアップとかは特に何も考える必要はなく、単純に専用のiPhoneアプリで視聴する事が可能。
一応、iPhoneとiPad両方で動かす事が可能。

軽く使ってみたのだが、やっぱりワンセグは場所によって放送がブチブチ切れてしまう。
これは、千葉の片田舎だからなのかもしれない。少し場所を選んでみれば、普通に映ります。
ただ、少なくとも通勤途中に使えるとは思えないので、家に置きっぱなしで時々使うという使い方だろうか。
あとは、渋滞中の暇つぶしに使えるかもしれないので旅行に持って行くのも一つかも。
受信状態でのバッテリー消費がどれくらいなのかにもよりますが、これはまだ調べてないので何ともいえないです。

 

現状のテレビとの付き合い

テレビが家に無い生活を3年くらいは続けているので、いざこうやってみる事が出来る環境を作っても、
テレビを見よう!という気にならないんですよね。
そもそも、見たいと思えるような番組を発見する足がかりとなるテレビ欄を見る習慣が無いという状態。

一人暮らしの時は、とりあえず見なくてもかけっぱなしにしていた位、テレビとつき合っていたと言うのに
いやはや、思い返してみると驚きだ。

せめてもう少し場所を選ばずに、切れずに視聴する事が出来れば変わるのかもしれないが・・・。
こればっかりは、ワンセグの電波次第なのかもしれないので技術的な解決を願うばかりです。

と、ここまで書いて、あまりワンセグに関して知らない(そもそも興味が無かったのはあるけど)事に気がついた。
少しこの辺りの解決策に関して調べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です