今日も頑張ったことにしよう

予想通りといえば予想通りなんだけど、昨日の疲れを引きずってしまい、今日は朝からモチベーションダウン。

有休も別にあるので休んでしまえばいいのだろうけれど「だるいー、学校行きたくないー」という子供たちに対して「いってらっしゃーい」という立場ではあるので、体調も悪くないのに休むのは気が引けてしまう。

更にいうと、休むと更に仕事がたまるので逆効果なのは目に見えている。

実際には動き始めてしまえば、何もしないよりは当然物事は進んでいくわけなので、いいのだが、満足な動きができているのかは甚だ疑問である。

とりあえず、次に繋げた。ということにしよう。

何が自分のリソースを削っているのか

今日は割りとお疲れ目。

朝から客先に出て仕事。帰ってきて採用面接。
面接が終わった頃には22時すぎ。

これだけ書くと、そりゃ疲れるよね?って気にもなるんだけど、それ以上に自分のメンタル的に疲れている感じがしている。

一つは、普段は同時並行で動かしている物事が、客先に出てしまうと回すことができなくて、結果的に仕事が山積みになってしまっているということなんだろう。

もう一つはやはり通勤にかける時間なんだろうな。
もう少し本を読むなり有意義に過ごすことができれば違ったのかもしれないけれど、ついつい漫画をひたすら読んでしまった。。。
それが疲れる原因になるのかはわからんけど。。。

うーん

やっぱり仕事の進め方が下手くそで、うまく回せていないってのがストレスになっているんだろうな。
解決策は、結局のところ無理矢理でも回していくしかないので、明日、頑張るべ。

クリティカル・シンキング

会社のメンバーが1on1の際に、今クリティカル・シンキングを学んでいるという話になった。

クリティカル・シンキングというと、私としてはVoicyで伊藤羊一さんとグロービスの話を聞き続けている中で、時々出てくるキーワードということで調べてみたことがある。

クリティカルシンキングとは

クリティカル・シンキングは、情報を収集し、客観的な視点で分析して結論を出す能力のこと。

よく批判的思考みたいな表現をされることがあるけど、”批判的”という言葉に関しては捉え方によってしまうところもあるんだろうけどちょっと違和感を感じていた。

言ってしまうと、それまでの偏見を捨ててオープンな姿勢でそもそものゴールを分析し直すということなのだろうと思っていて、これまでの思考を批判するというわけじゃないんじゃないかな?と思っている。
違うのかな。

違うかもしれない。

考えてみると、ロジカルシンキングに関しては本を読んだ記憶はあるけどクリティカルシンキングに関してはしっかりと学んだ記憶はない。

要は使い所

ロジカルシンキングにしてもクリティカルシンキングにしても、思考法という方法論は学ぶことはできるけれど、要はどういう場面で使うのか。
使い所をちゃんと理解していたり、決めたりしておかないと使うことができないんだろうと思う。

ロジカルシンキングとクリティカルシンキング。
そして、具体と抽象を行ったり来たりするとか。

多分、どういうときにはこういう考え方をするといい、という答えがあるというよりは、一つの物事に対して色々な考え方・思考法を使って多角的な視点で考えた時に何かが見えるかもしれない?という感じなのかもしれない。

まだ、それぞれの思考法に関してさっと考えることができるレベルまで自分の中で落とし込むことができていないので、まずは慣れるところからかな、とは思うが。

ひたすらケーススタディですかねぇ

https://amzn.to/49qbMez

「じい散歩」読了

藤野千夜著「じい散歩」を読み終えた

https://amzn.to/3UL1od4

主人公のお爺さん視点で、老夫婦といずれも独身で引きこもりの長男、ゲイの次男、パラサイト状態の三男という家族の日常?を描いたストーリー。

我が家も子供が多く、これからどんな風に育っていくんだろう?ということを考えると、あながちわからないよな、と思いさえする。

実際のところ、自分がどんな風に歳を取るのだろうか?に関してはあまり考えたことがなく、色々な形があるにしてもそれを考える切っ掛けとしては面白い内容だった。

仕事を退職した後の生活、高齢による体の問題。
そして、認知症。

それらは、着実にこれまでの積み重ねの結果として現れてくるわけですね。

すごいドラマがあるわけでもないけれど、それでも家族にとって見れば色々な事件は起きる。

その中でも主人公の新平は、たくましく、前向きに生きている。
自分が、子供たちがこういう状態になったとき、私は新平のような振る舞いができるだろうか?
色々と考えてしまう。

色々な家族のカタチがあっていいと思うし、何がベストなのかはわからないけれど、ちょっと読んでいてほっこりした。

続編もあるようなので、手を出してみようと思う。
この先、どうなっていくんだろうか。
楽しみだ。

https://amzn.to/49DHjcJ

高校受験に思いを馳せる

長男が今年、高校受験の歳でありその県立高校の試験日が2/20ということで、この週末は最後の追い込みとなっています。

自分で言うのもなんですが、私の中学時代の学力を考えると非常に優秀な息子で中学校内の順位はいつも上位の方。
日々の勉強に関しても、真面目に取り組んでいる姿を見ていると、関心しかありません。

考えてみると、自分の高校受験の際、どこまで勉強したんだっけ?という記憶があまり記憶がないんですよね。
よくまぁ、あの成績で県立高校受かったもんだと今更ながらに思ってしまいます。

我が家は兄弟姉妹が多いので、こういう時はちょっと大変です。

まだ小学生の次男、三男なんかは受験勉強している長男の近くでSwitchやり始めたり、大喧嘩し始めたり。
生まれて間もない次女は当然のことながら泣きわめくわけです。

個別の部屋をあてがうだけの広い家ではないので、受験生が集中することができる専用の部屋はない中での勉強。
ちょっと申し訳ない気持ちが強くなってしまいます。

長男が志望している高校は、今の学力からすると圏内ではあるけどちょっと高め。チャレンジゾーンに位置する学校です。
私立には合格しているので、落ちたところでなんとかなるわけですが、家計的には公立に行ってほしいところ。

一方で、高校受験段階から変に保身に入らずに行きたいところ目指して頑張っているので、結果がどうあれ親として見守っていくしかないですね。

2/20-21に受験して3月の頭には結果が出る。
泣いても笑っても、試験が終わってしまったら後は結果を受け入れるしかないわけなので、最後の最後まで頑張ってほしいところです。

「人生が整うマウンティング大全」読了

Xで見かけてその「マウントフルネス」「マウンティングエクスペリエンス」など、数々のパワーワードに惹かれて予約購入したマウンティング大全を読み終えた

https://amzn.to/3T3AnzW

人間の行動の大半はマウンティング欲求によって支配されており、、、

ページを捲るたびに飛び出してくるパワーワードは、それなりにクスリとさせてくれるものだったが、中盤のマウンティング事例に関しては結構読み飛ばしてしまった。

マウンティング大全だけあって、様々なパターンでのマウンティングが紹介されているものの、考えてみるとそれほど物珍しいものでもないかな、と。一方

「マウントする」のではなく「マウントさせてあげる」ーー相手のメンツを適切に設計することによって、自分の味方になってもらう

相手に対してマウントさせてあげることの重要性というものも後半では説かれている。

優れた企業の多くは、人間に内在する根源的な「マウンティング欲求」を刺激し、「イケてるサービスを使っているイケてる自分」というマウンティングエクスペリエンス(MX)を提供することで、急速な事業成長を実現している

少し考え方がひねくれている感は強いし、無理やりマウンティングに言葉を置き換えているけど、書かれている内容自体はそれほど突飛なものではないのかと思った。
そういう言い方もあるかもしれないな?という感じ。

まぁ、ネタとしては面白かったと思う。

タスク管理への挑戦

基本的に私は計画的に動くということが非常にできない人間である

TODOアプリみたいなものは続かないし、スケジュールを立ててもその通りに動かないしと、酷い有様だ。
これは仕事の上でも似たようなもので、その場その場で動いてしまっている。

なので、短期的な物事を動かしていくうちはまだいいのだが、長期的な物事を考えて成し遂げるということに関しては非常に脆い。

https://amzn.to/3OL0Gsr

先日、こちらの本をAudibleで聴いてみた。

基本的にすごい新しいことが書いてあったわけではないんだけど、少し気持ちも上向いてきた。

本書では、タスクをどうこなすのか?というよりは最初の一歩をどう踏み出すのか?ということを主題としていると理解している。

言っている意味はわかって、その一歩が踏み出せないことはママあるのだが、実際問題で考えると一歩踏み出したところでタスクが終わらなければ意味もなく、スケジュール的にそれで済むものしか対象にできないのではないか?という疑問がついて回ってしまう。

なので、”予定通り動かすための方法”というのは少々無理がないか?は思う

Asana

タスクを実際に行うための一歩をどう踏み出すのか。また、そのタスクの時間をどう考えるのか?は先の本を応用するとして、タスク自体をどう管理するのか?に関しては、一旦Asanaを使ってみようと思っている。

AsanaはFreeプランでは機能制限が強くて使いづらい面もままあるので正直悩みどころではある。
ただ、あまりこのツールにこだわってもしょうがないかな、とも思ったわけだ。
基本的には繰り返しのタスクを定義できて、タスクの親子関係やグループみたいなものを作れればOKとしよう。

欲を言うと、時間の計測ができればそれに越したことはないと思うのだけど、多分計測は失敗するような気がする。

まー、忙しくなったり、バタバタするような自体になるとタスクを見返したり整理したりする時間が取れなくて一気に崩壊してしまうんだよな。
Microsoft Projectみたいに、一括で予定を後ろにずらしたりすることができればいいし、ガントチャートみたいな見せ方ができればいいんだけどな。

Warpcastを触ってみている

少し前から気になっていた、Warpcastというアプリケーションでアカウントを作ってみた。
言ってしまうとX(旧Twitter)みたいなものだが、Web3。つまり、分散型のテクノロジーを組み合わせて作られている点が従来のものと異なる。

Warpcastとは

WarpcastはFarcasterという分散ネットワークを利用したソーシャルネットワークです。
見た目的には、ほぼほぼX(旧Twitter)ですね。
インターフェースとしてはモバイルアプリとWebがありますが、ログインはモバイルアプリから行う仕様となっています。

Farcaster に関しては本家のHPに仕様周りが書かれているが、ちょっとまだ正確に理解できているとは言えない。。。

Architecture | Farcaster

DAppsは各レイヤーに何が保存されて、どこで何を保証するのか?が分散化されているので、全体の理解という意味においては難しいですね。

見てくれは完全にXです

ブロックチェーンを使うことになるので、費用がかかってしまい、私がやったタイミングでは年間$5の費用が要求されました。

User、Channelsをフォローすることでタイムラインが賑わっていきます。
ただ、内容としてはXと変わらないので、Warpcast単独で使う分にはそれほどWarpcastをお金払ってやる必要性はないかもしれません。

費用がかかるため、スパムが入りづらいという点はあるかもしれませんね。

試しに、Castしてみました。

先々の利点

Farcasterでは、メッセージなどのデータをオフチェーンで管理し、IDに関する情報をオンチェーンで管理しているようだ。

アプリケーションは、Farcasterの上に構築されるアプリケーションとなるので、Warpcastと別のアプリケーション間でIDやメッセージなどを共有することが可能になる。
(アプリケーションの仕様として、他のアプリケーションで作られたメッセージなどを除外することももちろんできるだろうが)

複数のアプリケーション間で、同一のIDが同じユーザを指し示すことになるので、デジタル空間上のIDという意味では面白そう。

Ethereumメインネット上のWalletアドレスやENSを使えばいいんじゃないの?って話はあるが、

 It also uses a separate Ethereum account to sign transactions, so you can keep your main Ethereum account secure.

Accounts | Farcaster

別に作っているからかえって安全だよ、ということのようだ。
かなり、仕様の理解に関しては自信がないけれど、今のところの私の理解として書いてみた。
Warpcast以外のFarcaster上アプリケーションに関しても、せっかくなので触ってみようと思う

招待用のQRをちょっと貼り付けて見るので、もしよかったら使ってみてください。

参考

沈黙の艦隊がアマプラに来ていた

映画ではなく、ドラマ仕立てーーー!!!

2/9に1-6話。2/16に7-8話という形で公開されるスケジュール。
映画の未公開シーン、続編という位置づけのよう。

映画『沈黙の艦隊』に劇場未公開シーンなどを加えた“完全版連続ドラマ”配信 Amazon Original ドラマ「沈黙の艦隊 シーズン 1 ~東京湾大海戦~」(otocoto) – Yahoo!ニュース

早速、少しずつ見始めています。

しかし、漫画の映像化。。。
つい最近起きた問題をどうしても思い出してしまいますね

まだ4話までしか見ていませんが、原作との違いは結構感じる場面は多いです。

特に違和感を感じるのは海江田と深町の関係がちょっと違う感じなんですよね。
展開が色々とごちゃまぜになっているのは時間的な制約があるのでしょうがないにしても。。

ドラマの仕上がり自体はいいと思う。
根本的な、沈黙の艦隊で言いたかったことは言えているんじゃないだろうかと思える

作者としてはどうなんだろうな。。と、このタイミングだと思っちゃいますね。

かわぐちかいじ「沈黙の艦隊」大沢たかお主演で実写映画化、9月29日公開(動画あり / コメントあり) – コミックナタリー (natalie.mu)

映画公開時にはこういうコメントにはなっていますが。

何はともあれ、楽しみです。

「イーロン・マスク未来を創る男」を読んだ

そういえば、名前はもちろん知っているし、スペースXやテスラだとか、X(旧Twitter)とか、そういった話は知っているのだが、イーロン・マスクに関してはそれ以上の話は知らないなぁと思い、毎度のことながらAudibleで聴いてみた。
Audibleいいぜ。

https://amzn.to/3Swafwi

やべー

程度の差こそあれ、成功した人というのはハードワークをしているものだとは思うけれど、イーロン・マスクが自分だけでなく自社の社員に求めていたレベルは、現代の基準から考えるとちょっと捕まってしまうのではないだろうか?と思われるレベルだ。

頭のいい。。。というか、一周回っちまっている感があるけれど、そういう人は根本的に違うんだな、と思わざるを得ない気もする。

休暇を久しぶりにとって旅行中に病気になったときの逸話として「休暇を取ると死にかける」とか言葉が出てきたときは思わず吹き出してしまった。。

本書を読んで得るもの

なんだろう。この本を読んだことによってイーロン・マスクが歩んできた過去に関しては、一側面ではあるのだろうけれど知ることができた。

ただ、自分自身として何かしら参考にしたいかと聞かれると、正直ちょっと思いつかない。
根本的な能力的な差はあるものの、そこまでの乾きを持っていないことが一番の違いなんだろう。

子育てをしている親として、子の成長や成功というものを願わない訳はないのだが、その乾きを経験させるために・・・・?
果たして、イーロン・マスクの少年期にあったような経験をさせればよいのだろうか?に関しては疑問符が尽くし、そもそもイーロン・マスクのようになってほしいか?はNoな気もする。

うーん。
とどのつまりは、イーロン・マスクに関してちょっと詳しくなった。以上マルってところか。