夜走

今日も今日とて出社していたわけですが、帰ってきて夕食を食べて22時くらいからRUNスタート。
夜走です

リモート勤務の際には基本的には朝、子どもたちを学校に送ってからの8~9時を使って30分ほど走るということをしているのですが、この時間ですでに暑いです。

ましてや、出社するとその朝の時間にすら走ることができなくてこれまで諦めていましたが、最近はようやく夜に走るコースが決まり、落ち着いてきました。

夜に走るのには結構気を使います。

  • 街灯がちゃんとあるか
  • 車の通りが少ないか
  • 周回することができて、1周あたりがそれなりの距離あるか

などですね。
ヒルクライムをするわけではないので、坂は特に求めてはいません。

理想をいうと、運動競技場みたいなところが近くにあって開放してくれていると嬉しいのですが、22~23時なんて時間には流石に空いていないかな?

夜に走ると、その後でお風呂、洗濯と続くとどうしても寝るのが遅くなってしまうのが問題ではありますが、昼に走るよりはよっぽどましではあるのでしょうがない。

ランネット見ていたら、夏の暑さ対策の記事が公開されていました

酷暑の練習を乗り切るポイントは「深部体温」(?)  コーチお勧めの走り方 - RUNNET - 日本最大級!走る仲間のランニングポータル

面白いなって思ったのは

そのため、夏場にロング走やLSDをする場合は走りながらではなく、立ち止まって給水することをお勧めします。経験上、ゆっくりのロング走であれば立ち止まっても練習効果は変わりません

というところ。
なんとなく止まってしまうことに罪悪感を感じ、歩きながら給水していましたが、このあたりは休憩の仕方も見直しながらやってみると、これまでとは違った効果が得られるかもしれませんね。

サロマ湖マラソンオンラインチャレンジにも登録したことだし、この夏を走り抜けられるよう、気合だけではない対策をしっかりと立てていきましょう

サロマ湖100kmウルトラマラソン オンラインチャレンジ

表題のとおりではありますが、申込み完了しました!

サロマ湖100kmウルトラマラソン オンラインチャレンジ 2024 | 第39回サロマ湖100kmウルトラマラソン【公式】 (saromanblue.jp)

せっかくなので、特産品を選べる6490円コースです。

それにしてもサロマ湖マラソンのTシャツは、普段遣いしてもそれほど違和感がなさそうな感じがしていい。
私はコヨーテを選択しました。

9990円コースの愛す♥くりーむもちょっと気になったけれど、通常参加から5000円オーバーはちょっとなぁという。
アイス12個に5000円は払えないわ。。。

今年はオホーツク網走マラソンも走るし、何かと北海道に縁が生まれる・・・かも?

暑い日が続いて嫌になっちゃうけれど、これらの大会目指して頑張っていきましょう

サロマ湖に想いを寄せる

いつかは走ってみたいな、と思う大会に北海道のサロマ湖で行われる100kmマラソンがあります。

とは言っても、100kmとなると流石に尻込みしてしまうし、なおかつ北海道までの遠征となると簡単には行きません。
なにげに今年は柴又100kmにチャレンジしてみたいと思っていましたが、今年は中止とのこと・・・。残念です。

というわけで、サロマ湖ウルトラは全くターゲットから外していたのですが、Runnetを見ていたらこんなものが

サロマ湖100kmウルトラマラソン オンラインチャレンジ 2024 | 第39回サロマ湖100kmウルトラマラソン【公式】 (saromanblue.jp)

なんと、まさかのオンライン開催。
しかも完走メダルまであるとのこと。

これは参加しないわけには行かない!

ただ、ちょうど今年旅行を計画している時期と丸かぶりなので、2週間コースはちょっと無理があるかな、と。
4週間コースでエントリーしてみようかと考えています。

問題は暑さですね。

正直、日曜日も20kmくらい走るつもりでスタートしたものの、前日の疲れが残っていたとはいえ10kmも走る前にバテてしまいました。

色々と家庭でのやらないといけないこともあるので時間の調整がうまくいかずに昼間の一番暑い時間帯で走ることになってしまったのももちろん敗因ではあるのですが。

これからは、週末にロングランする際には早起きして早朝ランするしかなさそう。
この夏をしっかりと乗り切るためにも、あの手この手で人参をぶら下げてがんばりますよ

そこはかと漂うIT使いこなしてない感

仕事で、Webアプリケーションのパフォーマンスを改善する必要があり調査しています。
基本的にはChromeのDeveloperToolsでNetworkタブで計測。
複数のLambdaで構築したAPIを呼び出していたりするので、処理時間の長いLambda関数に関してコードを見ながら短縮の余地がないかを探していました。

ただ、これって基本的にパフォーマンスが悪いという原因をバックエンドに求めていることになるんですよね。

私自身がフロントエンドよりもバックエンドの方が理解しているというのもあり、実際にバックエンド側でそれなりの時間がかかっているという予想は立っていたので今回のケースにおいてはそれでも良いのかもしれませんが、手順としてはちゃんと事実を知る必要がある。

では、どうすればいいのか?というと、もう少しDeveloperToolsの機能を使いこなしましょうね、ってことだと思う。

Lighthouse機能とか、しっかり使ったことなかったなぁ

AIにしても普通のToolにしても、特定の機能で頑張っているのではなくて、ちゃんと新しく追加された機能だったり、本来の手順としての使い方だったりということをもう少し勉強するべきなんだろうと改めて思った。

永遠にまだまだだな

呪術廻戦 27巻

発売されました

https://amzn.to/4cO0zWx

前の巻で五条悟が死亡。
バッタバッタと関係者が死んでいく中で、呪術の縛りというか、説明がどんどん増えていって正直おいきれなくなってきた。

ノリは好きなんだけど、呪術とは・・・?という。
まぁ、なんだかんだ言って読んで入るんですけどね

題材として怨霊だとか呪力だとかを扱っているので、この先でこれまで死んだとされた人が復活するなんていう展開もあるのだろうか。

とりあえず、27巻はひたすらにコントだったなぁと思わざるを得ない内容でしたね。

子どもの気難しさと自分の気性

今朝は三男が学校に行く際に期限が悪くなり、大変だった。

三男は自分の気持だとか意見みたいなのを伝えるのが極端に苦手な気性。
何が気に食わなかったのかを聞いても全く喋らずに、プンスカするだけ。

出来るだけ、こうなってしまうと時間を置くしかないのはわかってはいるものの、かと言ってそれが良いという訳ではないと考えているので、私はちゃんと話をしてほしいと考えて聞いてしまう。

そして、それが引き金で更に起こり始めるという悪循環

わかっちゃいるものの、私自身の気性も問題でしつこく聞いてしまう。

うーん、子供に自分のコントロールを求めている割には自分もやっぱりコントロールができているわけじゃないんだよな。

とはいえ、もういい年齢なのでなんとかしてほしいというのもやはり正直な気持ち。

本当に、何が正解なんてわからない。。。
難しいものだ

チリと言う国

たまたまネットを見ていた際に飛び込んできた記事を見て、なるほどな、と思った

Why Is Chile So Long? – by Tomas Pueyo

チリ。

もちろん、国名としては知っているけれど、改めてこういう紹介を受けると面白いというか、色々と興味深い国だと分かる。

日本も国土の割には縦長ではあるけれど、考えてみるとチリは極端だ。
アメリカはもちろん縦にも長いが横にも長く、単純に広いという感じ。

でもチリは極端に縦長。

しかも人が住まうには厳しい気候とすると、なんで一つの国として成り立っているんだろう?という気がしてならない。
記事にも書いてあるが、隣国との戦争もそれなりにあったというが、よくこの長さで分断されずに勝ち得ているものだ。。。

気候も砂漠気候からツンドラ気候まで幅広く、観光という意味ではイースター島がある。
なんだかよくわからない国だな。
面白い

気持ちをきりかえていく

ここ数ヶ月。
特に1ヶ月くらいはずっと同じ案件の受注に向けた動きを取っていたのですが、残念ながら実らず。

残念に思う反面、結構決まっていたら決まっていたで大変だったよな、と自分を慰めながら次に向かうわけですな。

一旦リセット

気持ちを切り替えていきましょう。
ということで、今日はここまで!

意外と集中している

今週から職場では、新人研修明けの新卒メンバーが現場配属されたということで、私の出社頻度も上がっています。
いやー。フレッシュで初々しいですね

在宅と出社。
どちらが集中しているかというと、やはり出社している方が集中しているのは間違いないと感じている。

もちろん、在宅の良さというのは通勤がないことで生まれる時間を別のことに使うことができたり、家族との時間をより長く持つことができるというかけがえのないものではある。

ただ、出社した1日が終わって振り返ってみると、当たり前といえば当たり前なのだが仕事しかしていない。
つまり、あまり休憩だとかをせずに仕事に集中することができているというのは、自分にとってはそれなりにすごいことだと改めて思う。

ただ、これって生産性と直結できているかというのは悩ましいところ。
息抜きにテック系の記事を漁ることで生まれる新たな知見みたいなものも少なからずある・・・はず。。

6月振り返り

早いもので6月も終わり。
2024年ももう半分が過ぎたわけですね。
あっという間だ。。。

5月から始めた習慣化アプリに関しては、継続的に取り組んでいるものの、”いい習慣”が増えていないんですよね。
このあたり、もう少し意識していかないと、既存の習慣に満足してしまってだらけてしまいそう。
とはいえ、何かを始める際には何かの時間を減らす必要があるわけです。

最近は若干、漫画を読む量が減ってきたかな・・・?いや、減ってないかも。

自己研鑽(AWS)

引き続き、AWSのSolutions Architect Professionalの講義を継続。
5月の振り返りを見ると、当時はSection4でしたが、
Section5:Compute&Load Balancing
Section6:Storage
Section7:Caching
が終わった形になります。

Section5が結構な分量で、Section6もなかなかだったことを考えると、継続して積み重ねている効果が出ている気がします。
ちゃんと知識が頭に入っているかは別の問題ではありますが。

特に、最後のCachingに関しては自信がないです。
登場するサービスに関してはなんとなくは分かるのですが、細かいところを突っ込まれるとだめですね。
最後の小テストの結果もボロボロでしたし。
もう一度講義を見直さないと行けないです。

Udemyは、Webで見ると字幕をつけることができるのですが、アプリでは字幕をつけることができないのでなんとなくでしか言っている意味がわからないシーンが多く、理解が追いついていないのが正直なところ。

ネットワーク周りはもともと知識が薄いこともあるのでこの際に覚えておかねばいけませんね。
動画を聞くだけでなく、自分なりにまとめるようなことをすれば違うのでしょうけれど。

自己研鑽(英語)

今、Audibleでスピードラーニングを聞き流していたりします。

https://amzn.to/45TJh87

日常会話から様々なシーンでの会話を学ぶことができていいのですが、やはり単語がところどころわかりません。
でも、それはそれで良しとして聞き流しています。

現在17巻まで来ていますが、ものすごい分量です。
その上、おそらく使い方としては繰り返し聞く必要があることを考えると、どうしようかな?って思わず考えてしまいますね。

これ、ずっと聞いているだけであればAudible解約してしまってもいいかもしれないな。。。と思わなくもないです。

内容自体はそれなりに面白く聞くことができる内容で、いろいろな発見だとかがあるので楽しく聞くことができます。
特にランニング中のBGMとしてはひたすら続いていくので重宝しています。

単語周りに関しては、以前も少し進めていたmikanを再開しました。

また、TEDやロイターのPodcastなどを聞くことを習慣化として取り入れています。
そういう意味では、習慣化のいくつかの要素が英語に関連したものになっていますね。

色々と取り組んで入るものの、英語に関しては成果をどう定義するのか?はちょっと考えたいところです。
定期的にTOEICを受けるなりして、何かしらのモチベーションを高めていったほうがいいのかもしれません。
このあたりは課題ですね。

マラソン

6月は土曜日に始まり日曜日に終わるという、暦的には非常にいい並びの月でした。

一方で、出社の頻度が増えていったために平日の走る量も減っていくとともに、暑さから週末の走る量も少し伸び悩んでしまった感はあります。

それでも、なんとか目標としている200kmは超えることができました。

7月。これをちゃんと継続することができるか?がポイントですね。

Runmetrixが提供しているマラソントレーニングメニューに関しては、日付が固定されてしまっていることもあって十分に消化することができていません。
このあたりは出社を余儀なくされていることを考えるとしょうがない。
日付の変更ができると嬉しいところなんですが。。。

それでも正直なところ、妙に土日に偏ったスケジュールになってしまい、インターバル走など高強度のトレーニングした次の日に長距離となってしまうなど、適切な形に組み込むことができません。

今月少し試したこととしては、夜RUNです。
21時を過ぎ、子どもたちの風呂入れも終わってからのRUN。

走ること自体はできなくもないのですが、走る場所がちょっと課題になっています。
陸上のトラックやそれなりに大きい公園でもあればいいのですが、田舎道を夜に走るとなると暗く、車の通りもそれなりにあることを考えると安心して走る場所が少ないです。

これに関しては、いいコースを探すしかないですね。
ランニングコースは大きな悩みの一つです。

仕事

今月は、担当している案件に関して、一つの区切りが7月の頭にあることもあり、それに向けた動きが忙しい月でした。

なかなか難しいものです。

いわゆる、プロダクトやサービスを手掛けている会社であればロードマップを引き、それに向けた開発を行っていくわけですが、受託やSESみたいなことをやっていると先行きを見通すのが正直大変です。

常に案件のパズルをしているような気分になってしまいます。

この案件パズルに頭を悩ませられるという状態はおそらくなくならないとは思いますが、このパズルの考え方というか。悩む方向性はもう少し健全な方向に持っていく必要はあります。

つまりは、なんとかして人が空かないように!というパズルの考え方ではなく、より成長ができるような案件を選ぶことができるような。
パズルのピースを考える際に、なけなしのピースを探し回るのではなく、いっぱいあるピースの中から、自ら選ぶような。

でも、それをするためにはちゃんとしたことを積み上げていくしかなく、やはり、そこが課題だよねって頭の中で堂々巡りをしている。

結局のところ、これらも習慣として組み込んでいき、軌道修正を少しずつでも計っていく必要があるわけです。

幼女戦記(16) https://amzn.to/3UZS6rY

「やるしかない やるしかないのであれば 我々は成功させなければならないのだ」

このセリフは、本当に身にしみます。。。

家族

日々、8ヶ月になる末娘の成長を楽しみにしています。

今月に入り、一気にハイハイをし始めたかと思えばつかまり立ちをして雄叫びを上げています。

流石に歩くところまで行くのはまだまだ時間はかかるとは思いますが、動き始めると本当にあっという間に移動します。

赤ちゃんの月齢別べビーグッズ早見表 | オーガニックコットンのPRISTINE(プリスティン)公式通販

これを見ると、はいはいが8ヶ月なのでちょうど。
あと2ヶ月ほどで伝い歩きが始まるのか~。
楽しみです。

長男も高校に慣れ始め、高校生活を楽しんでいるように見えます。
高校に入って初めての中間試験の結果も出たわけですが、学年で見ると中の下といったところ。これに関しては今のところ見守るのみ。
高校に入ってからはゲームのやる量が格段に上がってしまっているので、その点が心配なところではあります。

長女に関しても、昨年までの文化系部活動から体育系部活動へ変わったことで、全体として活発になってきているような感じがします。
ここのところ、少し疎遠になっていた近所の子とも最近は遊ぶことも出てきているようなのでちょっと安心。

次男、三男は相変わらず。
三男が自分の意思表示をすることが非常に苦手な性格になってしまっているところが悩みどころです。
これに関しては、これまで私から言い過ぎてしまっていたのかもと思い、出来るだけ言わないようにはしているものの。。自分の子供となるとなかなか見守りに徹するのが難しいですね。

まとめ

今月も、大きな怪我や病気もなく一ヶ月を過ごすことができた。

何よりも習慣化ということが少しずつではあるけど生活の中に入ってきているのを感じる。
一方で、習慣化しているものがちょっと足りなかったり、言葉足らずだったりする面もなくはない。
ちなみに今のリストはこんな感じ

  • 体重を測る
  • マラソン練習
  • ブログを書く
  • AWSの勉強をする
  • 本を読む
  • 英語ニュースを聞く
  • 畑に行く
  • Voicyを聞く
  • TEDを聞く
  • mikanをやる

これに、部屋の水やりやゴミ捨てに向けたまとめ行動などが曜日別にはいるが、基本は上記のような感じ。

できることならば、日々の振り返りみたいなものを載せたいところ。
また、技術的な話がAWS勉強くらいしかなく、これではその方向性に関しての成長を見込むことができない感じがする

週に1度、Qiita記事を書くみたいなものを載せたいところだけど、それって習慣なのか?と聞かれるとTODOな気がしてしょうがない。

テック系の情報収集を行って、それに関して短文を書くだとか、Xへ投稿するだとか、そういった形でもいいのかもしれない。

いずれにしても、もう少しテック系に対してのアンテナや行動というものを増やしていく必要は感じている。
このあたりは、7月に取り組んでいければと思う。