Goerli テストネットワークでテストする準備

以前、cryptozombies でNFTやSolidityに関してのチュートリアル的な事をしたものの、それ以来全く触っていなかったNFT周りを改めて触ってみています。

今回は、その中で開発したコントラクトをテストするテストネットワークの一つ、Goerliテストネットを使ってみた話です。

テストネットワーク

今年の9月に実施された、 Ethereum 上の The Merge。
これ以降、それまで使えていたKiln、Ropsten、Rinkebyは廃止され、現状でテストネットワークとしてはGoerliとSepoliaが用意されている形となります。

The Merge以前の学習コンテンツやチュートリアルでは、Rinkebyなどのテストネットワークを採用されているものが多いので、注意が必要となります。

といっても、基本的な扱いが変わるわけではないので簡単に説明します。

Alchemyの登録

テストネットワークでコントラクトを動かすために必要となるGoerliETHを手に入れるために、事前にAlchemyというサービスのアカウントを作成しておきます。

Alchemy
https://www.alchemy.com/

「Get started for free」から、適当に入力をしていくことでアカウントを作成可能です。

途中で、支払い情報などを入力する項目が出てきますが、特に入力せずとも問題ありません。

faucetでGoerliETHをリクエストする

GoerliETHのリクエストは下記サイトにて行います

GOERLI FAUCET
https://goerlifaucet.com/

右上にある「Alchemy Login」から、先程作成したAlchemyアカウントでログインを行うと

アドレスの入力とボタンが活性化されるので、ウォレットのアドレスを入力して「Send Me ETH」ボタンを押下します。

押した瞬間、私の場合はこんな趣味の悪いページが出てきました。。。

ほんと、なんというか変な罠を踏んでしまったかと思いました。。左上にバツボタンがあるので閉じれば問題ありません。

ウォレットで確認

無事にウォレットにGoerliETHが届いていました。

ETHの送金は、24時間に1度可能な形で、送金金額も特に変更はできませんでした。
それくらいのボリュームでテストをしなさいということなんでしょうか?
フリープランだからかな?

ガス代高すぎ?

ちなみに、試しにデプロイしてみようとしたら。。。

まさかの資金不足。

なんか随分とガス代が高い気がする?
そもそもテストネットのガス代って何で決まるんだろうか?
メインネットと同様に、テストネットワークの混雑度によって決まるのだとすると、GoerliとSepoliaでどちらが空いているかとか、考えたほうがいいのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください