乾いているか

先週はちょっとイマイチな一週間だったなぁとシミジミと思ったわけです。

前週まで、仕事が忙しくてちょっと疲れが溜まっていたところではあったのですが、先週は打って変わって余裕があったわけです。
余裕があった割に、なにか、前に進めることができた気がしていない。
なんだか無駄に過ごしてしまったなぁ、と感じたわけです。

では、その前の週までの忙しい毎日はどうだったのかと言われると、忙しかったには忙しかったのですが、前に進んだのか?に関しては非常に疑問が残る感じがします。

結局のところ、忙しい日々を過ごしていたとしても、それが前に進むことができているかと言うと、必ずしもそうではない。
無駄かと言われると無駄でもないんだけど、結果がついてきていない状態とも言える。

乾き

では、何が出来るとこの、「無駄に過ごしてしまったなぁ」という感覚が無くなるのか。
どういう状態が自分にとって「充実した日々」足り得るのか?ということに関しては、非常に悩ましいテーマだといつも思うわけです。

将来の目標だとか、達成すべきゴールだとか

わかりやすいそう言ったものを持つことができればそれに向かって動くことは出来る。
そういった、一種の「乾き」のような「飢え」のような。そう言った気持ちがずいぶんと薄れてしまっているように感じる。

社会的な成功を考えるのであれば出世だったり給与アップだったりするものなのだろう
技術者として考えるのであれば、世界的なカンファレンスに登壇したり、OSSへのコントリビュートなどになるのかもしれない

後輩には偉そうなことを言っておいて、自分自身としてはそういったことに対しての強い憧れみたいなものはなく、まるで諦めてしまっているのではないだろうか?と、自分で自分を疑いたくもなる

つまらない

それでも、まだ現状を「つまらない」と思えている。

現状に対して「満足している」となると、それはそれでゴールなわけで、そこからの成長というものは、自発的には難しいのではないかと思う。

もちろん「つまらない」と言っているだけでは何も変わるわけもないのだから、自分の行動を変えていく必要があるんだよな。

という、当たり前の結論に毎度のこと行き着くわけで、詰まるところは成長できていない気がするわけだ。

今週のわたしはちょっと違うぞ!?と、言えるように頑張ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください