Outlook2007 + Advanced[es]利用率向上中!

最近、スピードハックス朝食会やGTD勉強会、その他勉強法のビジネス書を読んでいる影響で、自分が抱えているタスクをより記録できる方法がないかを色々と試行錯誤している。とりあえず、あまり活用してこなかったOffice2007のOutlookについている「仕事」機能(ToDoリスト)をうまいこと使えないか試している。

OutlookでToDoリストを行う利点は、メールをそのままToDoリストへとドラッグ&ドロップで入れることができる。もちろん受信トレイに未作業のメールを残しておいて作業を終えたものから別フォルダへ移動させるのもありだけど、期限が先のものに関してはToDoリストに入れて受信トレイに残っている数を減らしたい。そんな時に使える。

そんな感じで使っていたのに加えて、通勤中などの移動中に思いついたものに関してはAdvanced[es]の「仕事」機能へ登録。PCにUSBで接続して同期をとる事でToDoリストへ追加することができる。Advanced[es]では基本的に思いついたタイトルのみを記入して詳細な内容は同期をとってからPCで入力するようにしている

f:id:krote:20080806060358j:image

使える!使えるじゃないかAdvanced[es]!と、思ったが、この「仕事」機能に関してはもう少しかゆい所に手が届いてほしい。確かに「仕事」という形でタスクを追加することはできるんだけど、最近の勉強会やビジネス書で学んだ「タスクをできるだけ細かい単位で区切る」という事をやろうとした時に、分割したタスクがもともと何の塊だったのかがさっぱりわからなくなってしまう。OutlookのToDoリストはすべてのタスクが同一の階層に存在している感じのつくりになっているのだ。これはもう少しうまくならないか。ちょっと考え中。これは何とかすることができるんじゃないだろうかと思う。

通信速度が遅いのはもうPHSだからしょうがないのかもしれない。iPhoneやD4をどんなにうらやましがったところでこれは変わらないだろう。

どちらかというと勢いで購入したAdvanced[es]。もう少し活用してあげなければ!ただの金食い虫だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です