その他」カテゴリーアーカイブ

睡眠の質を考える

AppleWatchを手に入れてから、以前のブログにも書いたがAutoSleepというアプリで睡眠をトラッキングしている。

睡眠時刻
元々は、ほぼほぼ深夜1時すぎに寝る生活を続けていたのですが、睡眠トラッキングを始めてから、改善を意識するようになり始め23時台に就寝する頻度が増えています。平均した時に23時台というのは正直びっくりです。以前は会社から帰ってくるのがこれくらいの時間だったはずなのだが。。。

そして、睡眠時間ですね。深夜1時に寝て朝6時。つまりは5時間睡眠が多かったのが、平均で7時間。平日だと極端に少ない日もありますが、7時間寝ることができている日が多いのはいいことです。

一方で、深い睡眠のトラッキングはこちらになります

休日などはそれなりに深く眠れているようですが平日は。。。
ひどい時には1時間いっていないですね。

AutoSleep公式を参照すると

http://autosleep.tantsissa.com/sleeprings#TOC-Deep-Sleep
Studies have shown that an adult requires 1.5 – 1.8 hours deep sleep per night. 

ということで、1.5~1.8時間は欲しいと。そして、深い睡眠の目標としては睡眠時間の10%~30%と。

必ずしも遅くに寝た日が深い睡眠が少ないかといえばそういうわけでもなく、睡眠時間が7時間を超えていても1時間も深い睡眠がない(21日)というわけなので、ちょっと謎です。

ブルーライト的な話でいうと、私は寝る直前までスマホやPCを見ているということはありますが、それはいつものことなのであまり日による差はないかと。。。

この辺りは、睡眠のトラッキングだけでなく、それ以外の要素のトラッキングも合わせて行わないとわからないですね。。。

例えば、部屋の気温/湿度と言った情報や、その日の運動、疲れ具合。心理的な状況等々。

もっといえば、深い睡眠が多かったとして、次の日に本当に快適だったのか?ということもこうやって振り返って見ると疑問が残ります。
ライフログをとるツールはいくつかありますが、それらで記録したデータを横断的に見ることができればより面白くなるのになぁと思わずにはいられませんね。

この辺り、どこかで試して見たいところです

キーボード買い替え

突如、Macで使っていたMagicKeyboardの一部キーが反応しなくなった。
我が家のiMacは2011年版なのでもう約10年か。。。
ちょっと釈然としない気はするものの、寿命と割り切って購入することに。
Amazonで見て、なんとなく選んだものを購入

見た目がなんとなくMagicKeyboardに近いというのと、お値段がお手頃ということ。Mac対応ということだけを見て選んでいます。

開封

箱を開けて、Mac対応と書いてある割に、OSの選択肢が「iOS」「Win」「Android」ない時点でものすごいやっちゃった感はありました。

結果からすると、MacとBluetooth接続すること自体は問題ないのですが、キーコンフィグ周りで問題がありました。
具体的には、日本語ー英語切り替えがうまくいきません。

あれこれ調べた結果、Karabina-Elementsというソフトをインストールするとキーコンフィグをいじれるということでインストール。設定しました。

https://karabiner-elements.pqrs.org/

詳しい設定方法はこちらを参考にさせていただきました。

https://creative89.com/2017/05/27/how-to-use-windows-keyboard-on-mac/

モードとしては、Windowsモードで設定するのが良いと思います。
私は半角カナキーに日本語、変換キーを英数キーとして割り当てています

使い勝手

基本的には問題ないです。
ただ、配置が独特なものがあるので、そちらに慣れるのに少し時間がかかりそう。特にSHIFTキー。

SHIFTキーの右側に、本来右上にあるキーが存在しているので、Shiftを押そうとするとかなり左側を意識して押す必要が出てきます。とても慣れない。

一方で、Bluetooth接続を最大3台まで切り替えることができるので、MacだけでなくWindows機に対しても使えそう。ただ、そこまでメインに使うとなると、このShiftは嫌だな〜とか、フルサイズのキーボードにした方が良かったかな〜?と思わなくもない感じですね。

Shiftキーがどうしても慣れなかったら、ちょっとお蔵入りかな。。。
それともiPadとかで使うようにしようかな?
少し様子見ですね。

AppleWatch 2週間

ひょんなことでAppleWatchを手に入れてから2週間。
基本的に充電中以外はずっとつけています。
いいですね。ライフログの取得のみならず、健康をかなり意識するようになりました。

アクティビティ

ムーブ、アクティビティ、スタンドそれぞれのリングを閉じることを記録しています。
ようやくrebuild.fmでヒロシマさんが言っていたことがわかった。。。
会社に出社する日は歩いたりするのでリングを閉じることはそれほど難しくはないのですが、WFHの時はなかなか厳しい。特に雨だと絶望的です。

筋トレすると言う手も無くはないのですが。。。
アクティビティのログとしては、筋トレであろうと歩きであろうと、活動時間で判定されるのでちょっとな〜と思うところがないわけではないですが、こう言う形で視覚化されるといやでも意識するようになるので格段に体を動かすようになりました。

Auto Sleep

有料のアプリになってしまうのですが、睡眠ログを取ってみました。
AppleWatchでは睡眠をどう検知しているのかな?と言うと、心拍をみているのかな?何気に通勤中の電車での居眠りも検知されていました。

ちょっと微妙だな〜と思ったのは、睡眠時間がそう言った間眠も積算されるですよね。まぁ、そう言った昼寝的なものでも結構スッキリするにはスッキリするのでいいのかな?

いい睡眠を〜と言う意味で、あまり遅くまで起きていることが減りました。。。
うーん、完全に乗せられてますね

ボイスレコーダー

Apple純正のボイスレコーダー。
iPhoneでももちろん録音可能なのですが、より相手に近い位置でさりげなく録音できると言うことで、試してみたら結構よかったです。

JustPressRecordと言う有料アプリがテキスト起こしもやってくれると言うことで進めているサイトもありましたが、一方で最近のレビューを見るとうまく動かなくなったとか出ていてちょっと二の足を踏んでしまいますね。

1時間以上も録音は可能で、自動的にiPhone側に同期してくれるので便利便利。
確かにテキスト起こししてくれると便利なんだけどなぁ〜。
これに関しては、どちらかと言うと、ボイスレコーダーをテキスト起こししてくれるソフトを探してしまった方がいいのかもしれない。

充電

どうしてもネックになるのが充電タイミングですね。
2日は持たないし、睡眠ログもとりたいので夜、お風呂〜寝る前くらいの間で充電をするようにしています。今の所それでなんとかなっていますが、ベット充電器が必要かな〜と思っています。
本当に困ってしまうのが、充電器がAppleWatch専用を必要とするところですね。Qi規格に対応しているわけでもないので何にも使い回し効かない充電器を別途購入する必要が出てしまいます。せめて、iPhoneと共通の何かにして欲しかった。。。

それ以外でも音楽やRunKeeperのスタート/ストップをiPhoneを取り出さなくてもできると言うのはかなり便利でした。
ApplePayに関しては、使うタイミングでは大抵私はiPhoneを手に持っていることが多いのでまだ使ってはいません。
特にSuicaはiPhoneからうつしてしまうとiPhone側で使えなくなると言うことなので、、、

よほどよく見えたのか、妻が購入してしまいました。。。

AppleWatchを思いがけず入手

と言うわけで、愛用しているリポビタンDのキャンペーンになんとなく応募したら、まさかまさかのAppleWatch(Series5)が当たりました。。。絶対ゼリーが届くんだと思っていました。
5名のみの当たりくじを引き当てるとは。。。
今週から新しいプロジェクトが始まると言うのにこのタイミング運を使い切ってしまって生き残れるのかが非常に心配です

さて、スマートウォッチに関しては、以前にも手を出したことがあるものの、格安系のものだったのが悪かったのか、Bluetooth接続がうまく出来なくなる等使えなくなってから放置してました。
AppleWatchは当然これまで所持したことはないので、慌てて機能を調べているところです。。。

まだ、よくわからないところが多くて手間取ることが多いですね、正直。
LINE等を見ることができるのは良さそうですが、今週から外出が多くなるのでSuicaをちゃんと使えるようにしておきたいところ。

健康管理は非常に魅力的なところではあるのですが、もう少しこなれてきてデータが溜まってからじっくりと見ていきたいところですね。

何はともあれ、いいものをいただきました。。。本当に。。。
ちゃんと活用して、リポD飲んでこれからも頑張らねば!

シングルCDアダプタ

ようやく緊急事態宣言も解除されたわけですが、お客様先へ行くシーン以外ではテレワークが継続しています。

テレワーク時には音楽をかけることも多いわけですが、時々ふと昔の曲が聴きたくなるんですよ。CD自体は持っているんですが、昔懐かしの8cmシングルCD。。。
昔はアダプタを持っていたのですが、いつの間にかどこかにいってしまい、しょうがないので書い直しました

いろいろAmazonを見ていると、結構なお値段。。。昔はもっと安かったような気がするんだけど、もう随分と前の話なので覚えていない。

しかも、物によってはうまく読み込めなかったりするという話もコメントで出ているのであまり安すぎるのも怖い。。。ということで、なぜかトヨタ自動車が出している上記アダプタを購入しました

最初、アダプタへの取り付けが正しくできておらず、iMacに入れたら出てこなくなってしまってかなり焦りました。
しっかりセットして、中のCDが回るところまでセットする必要があり、それを行うことでちゃんと読み込めました。

B’zのCDは多くはベストアルバムのような形で聞くことができるのですが、やっぱりカップリングにしか存在しない曲もそれなりにあるので、まだまだ手放せない状態ですね。

今となってはマキシシングルという形で再生産されているので、もうあまりみることはないのでしょうけれど、だからこそ懐かしいというものもあります。

あ〜、久しぶりにMannequin Village聞いたわ〜

StayHomeの恩恵

緊急事態宣言が発令されてからというものの、毎週の楽しみであった銭湯通いが出来なくて、ちょっとストレスではあるものの、一方で通勤がなくなり、かなりそれはいい感じ。
でもやっぱり温泉入りたいし、サウナにも入りたいな〜。

と、続くStayHomeですが、色々なところで本来であれば有料の動画が無料公開されていて、とても楽しみとなっています。

B’z LIVE-GYM -At Your Home- 歴代ライブ映像全23作品を期間限定で一挙公開!!
https://bz-vermillion.com/news/200413_2.html

もうね、B’zファンとしては感無量ですよ。
ずっと見ていられる。
稲葉さんかっこいい。もうそれ以外ない。
仕事が手につかなくて困ってしまう。罪。

Live映像を見ながら、当時のアルバムを聞き直したりしていて1日が過ぎてしまいます。
映像は途中までは揃えていたんですけどね、、、昔のものはDVDではなくVHSなので見るのにちょっと手間がかかるし。。。
うーん、買い直そうかなぁ。。。

YouTubeでは他にも数多くのアーティストの作品が公開されていて、飽きることはない感じですね。

スマートウォッチを買って見た

AppleWatchが気になっている。
というのも、一時期血圧が結構問題値を叩き出していた時期があり、
新型のAppleWatchではその辺りがかなりいい感じの計測ができるという。
ついでに言うと心電図も。

と思っていたが、どうやら日本国内においてはこれらはできないと言う話も。
うーん。
そもそも、腕時計自体普段から全くしていない状態がもう10年以上続いているので、
そんな中で高いAppleWatchを買ってもなぁ〜と思っていたところに、
Amazonのセールで安くなっていたスマートウォッチが目に入って買ってしまった

購入したのは11月の頭なので、かれこれ2ヶ月ちょっとがたつ。
使い続けるのかが非常に心配ではあったけれど、今のところ使い続けている。

アプリ

Android側はわからないが、連携するアプリはそれなりに使いやすいし、見やすいものだった

    

1日の結果の記録と、過去データをグラフに表示してもらえる。
タップすれば、その詳細データを確認することも可能だ。

わかりづらいのが、血圧等の自動モニタリングがデフォルトではOFFになっていて、
それをONにする説明がわかりづらすぎる。
アプリから「設定」→「V07S」(デバイス)→「スイッチ設定」で下記画面を出して設定することになる

地味に便利だったのは、メッセージアラート機能。
私は常時ミュートでiPhoneを利用しているのだが、着信があった際にデバイスがバイブしてくれることで、電話に気がつくことが何度かあった。
Lineとも連携ができるけれど、Lineはメッセージがあるたびにバイブされると、会話をしている際に非常に煩わしく感じたので連携は取りやめることにした。
これに関しては、Lineの通話だけに反応してくれるといいのだが。

バンド

バンドは、スポーツを意識した感じなのだが、稀に何かの拍子に外れてしまうことがある。
穴にちょこっと引っ掛けてあるような作りなのは、いいような悪いような。
正直、個人的にはイマイチだと思った。

このバンドを取り外すと、直接USB口へさすことができるようになっていて、ちょっと構造的には面白く感じた。
一方で、結構力を入れないとこのバンドを取り外すことができないので、これを繰り返していたらこの部分はどんどん弱くなって言ってしまわないかな?と心配にもなった。
今のところ問題はないけれど、これに関しては様子を見たいところだ

総評

値段の割には一通りの機能は揃っているし、動いているように感じる。
数値的な信頼度に関しては、鵜呑みにはできないかもしれないけれど参考にはなるのでは。
一つの健康に対しての意識を高めるきっかけになってくれたと思い、満足している。

ちなみに、Amazonでの売り方が非常に良くない。
製品名が全然わからないし、「最新版」と書かれているが、いつの「最新版」なのかがわからない。
価格が安いのでまぁいいとしたけれど、半分詐欺なのではないかと思ってしまうくらい怪しさが満点だ。
これは、本体の箱にも言えることで、型番のようなものが一切書かれていない。
メーカーはSympaと言うところで、どうやら私が購入したのはV07Sと言うモノらしい。
モノ自体に関しては、値段の割には不満がないだけに残念でならない。

2019年。始動

あけましておめでとうございます。
といっても、すでに年が明けてから1週間が過ぎようとしていますが。

この年末年始は休みのつながりがよく、明日の7日が仕事としては初出勤日。
かなりのんびりと過ごすことができました。

毎年のことになってしまうのですが、今年こそは!と思っているのですが、
今年は面白いくらいにのんびりとした休みを満喫してしまいました。
休み前に長く積ん読となっていた本を休みを利用して読むぞ!と思っていたのですが・・・

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計
翔泳社 (2013-11-20)
売り上げランキング: 52,857

結局のところ、ほとんど読み進める事はできませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、
子供たちと遊ぶ事はそれなりにできたかな?とは思います。

そんな休暇もおしまい。
そろそろエンジンをかけていかないといけませんね

昨年、色々変化を起こそうとした割に、大した成果を上げることができませんでした。
変化を起こしたいと言う気持ち自体はあったとは思うのですが、そもそもの目的だったり、
それに向かう計画というのが非常に煩雑だったり行き当たりばったりだったりと。

もともと、それほど頭のいい方ではないので行き当たりばったり感が拭えないのはしょうがないのかもしれないですが、
それにしてもちょっとひどかったのかな?と。
また、変化を起こすにしても、周りから見た際に「果たして自分は魅力があるのだろうか?」という点に関しての現実を思い知らされたという事実をなんとかしないと、起こしたい変化にならないわけですね。

もう40も過ぎて年齢的にもいいおっさん。
身の丈にあった動きなんて表現は好きではないけれど、
少なくとも何もしないで泣き言ばかりで逃げ回ることがないよう、戦っていきたい。
そんな一年になるよう、考えて生きよう。

2018年を振り返る

クリスマスもすぎ、今年も残すところあとわずかである。
自戒の念も込めながら、少しずつ今年を振り返り、来年に向けた考えを整理していこうと思う。

今年は、「変えることができなかった」年だったと真っ先に思った。

昨年、色々なことに嫌気がさしていた私は、これまで惰性で進んでいた職を変えようとした。
正直言うと、世間では売り手市場と言われている事もあってなんとでもなると思っていた。
なんとでもなると言う思いから、真剣味が中途半端になり、選り好みをしたり、
そもそもどうなりたいのか?と言うことがしっかりと自分の中に落とし込めていない状態があり、
結果としては思うようにいっていない。

新卒から20年近く転職もせずに働いていると中途半端に肩書きがついて来て、
年齢と合わせて「今のところで頑張ったら?」とか謎の気遣いを受ける始末。
いちいちそれら話を受けると、日常の仕事と平行で進めるにはメンタルがきっつい。

もちろん、動かなかったわけではないので、動いた結果色々な気づきもあったし経験にもなった。
自分自身の考えのなさや、経験不足。実力不足。
わかっていた話ではあるけれど、今の自分があるのはあくまでもこれまでの経験によるもので、
その経験が生かしづらい場に立たされた時、何が手元に武器として残っているのだろうか?問題は
実に悲しい現実を突きつけてくるものだ。

では、この現実をどう変えていくのか

違う、結局のところ、どう変わりたいのかがあって、それに向かってどう変えていくのかがないと。
うーん、ただそう言うのはほんと苦手なんだ、、、

iPhone XS 購入

PixelもXRも出ると言う段階になって、要約ではあるけれど長年使い込んだ6sを卒業してXSを購入した。
ちなみに6sは妻が今後は使う予定。

正直言うと、あまり買う気はなかったんだけれど、
私が使っていた6sも妻が使っている5sもそろそろバッテリーが問題に。
私の6sはバッテリー交換が格安で出来る対象になっているからいいものの、妻の5sは対象外。

と言うわけで、バッテリー交換を行なった上で買い換えると言う選択を行いました。

6sと比較すると、本体サイズは少し大きくなった程度だけれど、やはりディスプレイサイズが大きい。
ゲームをしていて、片手での操作が辛い場面が出てきています。
画面が液晶から有機ELへ変わったと言う点に関しては、6sの時点で綺麗だと思っていたので
それほど大きな感動はない。

写真のポートレートモードも試して見たけれど、普段動き回る子供たちを写真にとることが多いので、ポートレートモードよりも Live Photo の方が私としてはメリットがある。
落ち着いた写真であればもちろんポートレートがいいんだろうけれどね。

今回、Pixelと正直結構迷った。
最終的にはXSに決めたけれど、機種変更がiPhone同士であれば楽なのは言うまでもないが、
Pixelの強みであるソフトウェアによる処理であれば、今後、Appleの頑張りでなんとかなろう。
ただ、ハードウェア的な点。特に背面カメラが2機付いていると言うところでXSにした。
Pixelのフロント2機に首を傾げたと言うこともあるんだけれど・・・

なかなか痛い出費ではあったけれど、出費に見合った使い方が出来るように少しずつ試していこう