リモートワークと子育て

今日でまるっと2週間。リモートワークが続いていることになる。
今の所、それほど大きな問題は起きていないが、少し日中は気が緩んでしまう事が多いし、その代わりと言ってはなんだが夜に作業することも多い。
わかっていた話ではあるが、この辺りはうまく付き合って行くのがいいだろう。

問題は子供たちだ

小学6年〜年中(5歳)まで4人いる我が家ではあるが、現在6年生の長男は家にいるが、他の子は子供ルーム(学童保育)と保育所に預けている。
それぞれ、出来るだけ自宅で子供をみて欲しいという自粛要請は受けてはいるのだが、正直いうと厳しい。

ここに来てようやく妻の職場でもリモートワークが段階的に始まっているようで、時々家で仕事をすることもあるのだが、そもそも普通に仕事場へ行っていても土日のどちらか仕事に行っているような状態。
余裕などあるはずもない。

とはいえ一方で、現在は非常時であり、誰もがいっぱいいっぱいだという観点は間違いなくある。
こちらからの仕事優先だけを考えて行動してもなかなか全体論としてはよくないし、それら施設を利用することは、逆にいえばそれだけ働いている人の家族ということもあり感染リスクを高めるといえば高める。もちろん、そんなこと言ったら保育所の先生どうなるんだって気もするが。

というわけで、妻と話をして毎日は無理でも二人ともリモートの時に一度家にいて、どうなるのかを実験してみようという話になった。

実際問題、それぞれが一人でいるのであればそれほど問題にはならない。
時々仕事中に暇になって構って欲しくてやってくる程度である。
これが人数が増えるにつれて爆発的にトラブル頻度と威力が増す。
感染して行くようにトラブルが続きまさにオーバーシュートだ

本来であれば学校で勉強をしている時間ということで、勉強道具を持たせたとしても、面倒を見てくれる先生はおらず両親は仕事をしているわけなので。。。

さてはて。どうやって有意義な1日にしたものか。
1日は長く、そしてそれは続くことを考えると頭の痛くなる問題だ。。。
まぁ、一番かわいそうなのはそんな状況に追い込まれた上に、勉強できずに後々この世代は頭が悪いとか言われかねない子供たちなのでなんとかしてあげたいところではあるんだが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください