Kibana

多少、今更感はあるかもしれないけどKibanaを触っている。

会社では、所謂ビッグデータとして取り扱われるようなデータに携わっている訳ではないんだけど、
それでももう少しデータを有効活用する事が出きるんじゃないかと考えているからだ。
Kibanaを選んだのは、実を言うとただの気まぐれなので、実はもっと適したものがあるかもしれない。

でも、何となく見た目がかっこいい気がしているのでそれほど後悔はしていなかったりする

正直、Elasticsearchに対してのデータの挿入だったり、Kibana上でもう少しこういうダッシュボードが作れないものかと思うところが結構ある。
調べながら調べながらなんだけど、目的を忘れないようにしながら進めていきたい。

高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server
Rafal Kuc Marek Rogozinski
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 12,804

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です