カテゴリー別アーカイブ: マラソン

トレイルキャンプに参加してきました

フィールズという会社が主宰し、トレイルランナーの鏑木毅さんが講師をしているトレイルキャンプに参加してきました

激走!鏑木毅 トレイルラン・ウインターキャンプ in 南房総
http://www.fields-co.jp/club_school/kaburagi_winter.html

トレイルランニングとは

トレイルランニングとはトレイル(山道)を走るという読んで字のごとくの行為なのです。
通常の舗装された道を走るマラソンと異なり、山道を走るための独特さが色々あります。背中にザックを背負い、途中途中で栄養補給をしながら険しい山道を走る。コースによっては非常にアップダウンの激しい道もあれば、ピークハントと呼ばれる高い山を上り下りするコースもあったりします。そのため、コースによって大きくその性質が異なることになります。
時には夜を徹して走るレースもあったり、大きなレースになると数日かけて走るようなものも!もはやサバイバルですね。

ちなみに私としては、そもそも普通のフルマラソンどころかハーフマラソンすら参加したこともない。
週に一度ジョギングをしている程度の状態です。
はい、テレビで見て「すげー!」って始めた思いつきヤロウです。しかもそれすら昨年の10月とか11月とか…。

そんなわけで

トレランをしてみたい!って思ったテレビで出ていた鏑木さんが出るということで悩んだ末に参加を決意。いきなりレースではなくレクチャーを受けてからのほうがってのもあります。
今回のウィンターキャンプのメニューは

  • 1日目
    • トレラン座学
    • 実技レクチャー
  • 2日目
    • トレラン(21kmほど)

というもの。
普段私が週末にジョギングする距離は20km前後なので、何とかなるかなーって。
唯一の心配事と言えばペース。きっと周りはペース早いんだろうな。ダントツで遅くて、周りに迷惑かけるかもしれないなぁ…と。まぁなんとかなるかな?

なんとかならなかった

いや、結果的には何とかなったんだけど、思っていた以上にハードな内容であった事だけは間違いがない。特に2日目のトレランは、とても普段は知っている感覚から走った距離が21kmとは思えなかった。
普段、起伏の少ない道ばかりを走っているせいで登りが想像以上につらかった。純粋にトレイルということで走りづらい山道だったこともあるけれど、それ以上に道のアップダウンに弱く、すぐに息が上がってしまった。
今回のコースは、渓谷あり崖あり尾根ありとバラエティに富んでいたので序盤こそ写真を撮ったりする余裕があったけど、中盤から後半にかけてはついていくのがちょっと大変だった。

それでも山々の景色や山道や山の中の感じというものは素晴らしいものがあった。走るので精いっぱいになってしまう場面もあったが、純粋にコースを楽しむということも少しはできたと思う。
f:id:krote:20100117100553j:image
f:id:krote:20100117114533j:image
f:id:krote:20100117134401j:image
トレランを走る上で、今後の課題はもちろんのこと様々な知識を得ることができ、私としては非常に有意義なキャンプとなった。
後半、いつものように左ひざが痛くて痛くて歩く場面が多くなってしまったのが非常に残念だ。もっと鍛えなければいけないと同時に、今回学んだことを次回に生かしていきたい。
正直言うと、もう少し情報交換したかったのだが…積極性に欠けてしまった自分にちょっと残念。周りの歴々の経験値に気後れしてしまった感は否めない。まぁ。。。何にもやってなかったものね。わたし。

差し当たって申し込んでいるレースは4月の高水山。それまでにできることを一歩一歩こなしていきたい。

今日から

初めてのトレイルランに行ってきます
どんな面々が集まるのか楽しみです
色んな話を聞いてこよう

トレイルランニング用品

トレイルランニングを始めようとしてとても困ったのが、グッズをどう揃えるか?ということです。

トレイルランニングは山を走るということもあって、いくつかの装備を整える必要があります

  • シューズ
    • ランニング用ではゴツゴツした山道を走った時に足裏を痛めてしまったり、つま先をぶつけてしまう危険があるので、”走りやすく丈夫”なものがいい
  • バックパック
    • 山を走るので、地図やコンパス。レインウェアや携帯食料等を持っていくことを想定してバックパックを持つ。走るので揺れずにフィットするものがいい
  • ソックス
    • つま先や足裏に対しての衝撃を吸収してくれるものがいい。走ることに関してのサポートとしてテーピング替わりの機能を持っているものもある

等々、調べればいくつかの専用用品が出回っています。
しかし、大手のスポーツショップ。家の近くにスーパーゼビオがあるのですが、そちらに足を運んでもトレイルランニング用のグッズを見つけることはほとんどできませんでした。やはり、まだまだマイナーなスポーツなのでしょう。

実際のところ、通販という便利なものがあるので買うことそのものに関してはできなくはないのですが、シューズなんかは特に実際に履いてみたいもの。ましてや初めて買うとなったらなおさらです。
どこかいい店がないかな~って探していました

店は御徒町にあり

アートスポーツ
http://www.art-sports.jp/modules/trailrunning/index.php/index.html

御徒町駅すぐそばにあるアートスポーツの本店。ここにかなりの数のトレイルランニング用品が置いてありました。店員さんもトレランに対して知識を持っている人も何人かいるのでアドバイスももらえる。
ホームページを見てみると、実際にアートスポーツ主催のトレランイベントもあるみたい。これはちょっとチェックしておかないといけません。

さてはて、そんなわけでちょうど閉店セールをやっているアートスポーツに今日もお邪魔。ついにバックパックを購入しました!

GREGORY(グレゴリー) ワサッチ ムーンストーン 12L 11310430027000
GREGORY(グレゴリー)
売り上げランキング: 52941

通常購入すると12000円くらいするGREGORYのワサッチ。色限定で8600円でした。他にもいろいろあったのですが、まずは小さいものより少し余裕のあるサイズということでこれを選びました。冬ということもあって荷物が多いということも理由の一つですね。
ついでにこれも。

Hydrapak(ハイドラパック) リバーシブルリザーバー II 1.5L A201
Hydrapak(ハイドラパック)
売り上げランキング: 39882

給水用のリザーバーです。走りながら水を飲むときに、ペットボトルだと飲み辛いのでこういったものも売ってるんですね。後述する5%OFFのクーポンが効くうちに!って事で多少勇み足な感はありますが購入しました。ちなみにAmazonではなぜか1.5Lと3Lはありましたが、私が購入した2Lはありませんでした。

残りわずかですが、1/20日までLet’sエンジョイ東京のサイト経由で5%OFFのクーポンも手に入るのでお見逃さず!

Let’s エンジョイ東京
http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=306539

こういうものを買うのは未経験ではやはり何を買えばいいのか迷います。ネットにも情報はありますが、やっぱり実際に自分の目でも見て判断したいところ。ネット通販はとても便利ですが、自分の足を運んで探すことそのものも楽しみながら選んでいきたいですね。
妻に買ったことをどう伝えるか。非常に困っています。いっそのこと何も言わずに、このブログを持って報告ということにしてしまいましょうか。あからさまに何か買ってきた包みは置いてあるのに何も言われてないのがとても怖いです。

トレイルキャンプ!

来週の土日にいよいよ初のトレイルランニング!
と言っても、レースではなくトレイルランニングに関するノウハウを学ぶためのキャンプです。

激走!鏑木毅 トレイルラン・ウインターキャンプ in 南房総
http://www.fields-co.jp/club_school/kaburagi_winter.html

いやはや。楽しみであります。

今回、このキャンプに参加するためにこれまで持っていなかったトレイルランニング用のグッズをあれこれとそろえる必要がありました。
特に一番頭を悩ませたのが靴。

トレイルランニングでは山道のような悪路を走ることになるのでできるだけ専門の靴が推奨されます。先日、御徒町にあるスポーツショップに行って、店員さんと話しながら最終的に決めたのがこれ

ロードでは履いてみたけど、これで山道を走ったらどうなるのか!
今から楽しみです。

やっぱり正月は

恒例の箱根駅伝を我が家ではテレビ観戦。
今年も19の大学と、学連選抜による素晴らしい戦いが楽しめました。

私は駅伝のように、チームで走った経験はありませんが、周りがいるから走れる。チームのメンバーがいたからこそ自分はここにいる。そういう話にはとても弱く、ついつい涙腺が緩んでしまいます。
もう、亜細亜大学の5区を走った主将がゴールする時には涙腺崩壊を防ぐので精一杯。往路でこの調子では復路が思いやられますね。

マラソンや私がこれから挑もうとしているトレイルランニングは基本的には一人の戦い。自分自身との戦いになります。
自分の精神を鍛えることができる一方で、孤独な戦いなのかもしれない。そう言うところからくる憧れみたいなものも有るのかも知れません
もちろん、単純に”スポコン好き”ってだけかもしれないけど。

さてはて。
そんな事に思いを馳せている私は今車の中です。
実家から帰る途中のサービスエリア。私も頑張って徹夜で走ります!
明日の復路。起きていられるかが正直不安ですが楽しみです
繰上スタートなんてあった日には、顔面崩壊してしまいそう
それでは!

左足強化月間

ここ最近、週末は時間を作っては走っているようにしているのですが、ずっと頭を悩ませている問題があります。
それは、このブログでも書いたことがありますが膝の痛みです。

長距離(私にとってですが)を走った時に、最近は必ずと言っていいほど膝が痛くなります。時には土踏まずや足首もいたくなる時もあります。
それも決まって左足なのです。

当初は走り方や体のバランス等に原因があるのではないかと考えていました。この考えの大元。つまり、”そもそも左足の筋力が足りないのではないか”という考えを持っていなかったのは一つの理由があります。
それは、私が左利きだからです。

つまり、本来の利き足である左足のほうが筋力的に右足より少ないなんてことはないだろうとたかをくくっていたところがあります。
むしろ、”右足の弱さをかばって左足で無理をしているのでは?”と思っていたくらいです。

利き足の筋力的な違いはない?

ちょっと気になって調べてみた

利き足と非利き足における足把持力および大腿四頭筋筋力の比較
http://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/22/3/22_365/_article/-char/ja

この論文を見てみると、利き足と非利き足とでは筋力的な差は見受けられないということになっている。
確かに考えてみると、手は、必要な時にしか負荷がかからないために左右の差は必然的にその頻度によって出てくるものだろう。
しかし、常に負荷(体重)を均等にかけられている足は多少の差はあれど筋力としては同じくらいつき、サッカーのような競技においての”器用さ”の差があるのみなのかもしれない。
それら”器用さ”は”走る”ということに関しては大きなアドバンテージにはならない。

んー、とすると、なぜ私は左足が弱いかというと、純粋に立ち姿勢が悪いのかもしれないなぁ。右足側に重心をかけている場面が多かったのかもしれない。
いずれにしても、”利き足は強い”神話は崩れ去ったわけなので、その弱さを認めなければなるまい。

強化方法

とりあえず、どうしようかと考えてみた
定期的に走る事は続けるとして、平日に片足スクワットをちょっと強化メニューとして取り入れようかな~と思っている。
子供を抱っこしてあやしている間、調子に乗って片足スクワットしていたら、今日は膝どころかお尻の筋肉まで含めて左足が筋肉痛になってしまった。
これは!効くぞ!!

ただ、左右に大きな差が無いのであればやはり右足も同時に鍛えなければすぐに逆の結果を引き起こしてしまうのだから注意は必要ですね。

それでも走る

今日は朝から走った。
嫁からは「毎日遅くまで働いて土曜日も仕事行くって言ってるのによくやるわ」的に若干呆れられていたけど、疲れた~疲れた~って言って生活するよりはギリギリを楽しむくらいでありたいと思っている。いわゆる

生ぬるい温泉はまだちょっとでいい(by ギリギリchop)

的な感じでありたいのだ。実を言うと、そんなギリギリを行きたいと殊勝なことを本当に思っているのか?と言われると自身は無い。っていうか、出来てない部分がほとんどかもしれない。
ただ、仕事は仕事で大事だし、ランニングはランニングで大事。1月には鏑木さんの合宿もあることだしね。
というわけで今日も走った。

ちょっと足を伸ばそう

普段は家のまわりの決められたコースをひたすらにグルグルと回っているのだけど、だんだん走る距離が延びてきているのでちょっと面白くなくなってきた。何せ、20kmほど走るにはいつものコースを30週近くしなければいけないのだ!
というわけで、今日はちょっと調査も兼ねて千葉マリンスタジアムまで走ってみた。家からの距離でいうと、片道10kmくらいなのです。

実は、定期的に週末に走ってはいるものの先週末はほとんど走れませんでした。平日も何も出来ていないので、今週は。。。余り走れる状態になかったです。
という、言い訳のもとで今日は途中途中でかなり歩きました。一つの理由としてはすぐにばててしまったのは否定はしないけど、それ以上に、今回はかなり面白いことになった

こんな場所あったんだ

千葉マリンスタジアムの海側。
このあたりの海はひたすらに防波堤ばかりだと思っていたんだけど、砂浜があるんですね!
思わず走りまわってしまいました><
しかも・・・

f:id:krote:20091219230638j:image

富士山まで見える!
もう、テンションあがらないわけにはいきません。

後半ばててしまった一番の原因はこのあたりで調子に乗りすぎたことが一番の理由になりそうです。。。

次も食べます、白米を

さて、何の話かといえば12/03日経新聞朝刊で組まれていたランニング特集です。今回もためになった!

カーボローディングってなんだ

1週間前に炭水化物を絶って体を乾いたスポンジのようにしておき、3日前から大量の炭水化物を摂取している。グリコーゲンをため込む「カーボローディング」という食事法だ。これによって、筋肉内のグリコーゲン含有量が通常の2倍程度に高まるとされる

なんだってー!!そんな食事法があるんだ。ちょっとこれは初めて知った。なるほどなるほど。日々のトレーニングにおいてまでそれをやる効果があるのかは分からないけど、実際の大会前には多少なりとも意識したいものだ。
ちょっとこの記事スクラップ二しておこうかな・・・。

さらにレース当日の朝の食事メニューが

4時間前に最後の糖質補充としてはちみつとカステラ、ご飯を食べた。もちやパンも人気がある。

ふむふむ。やっぱりあれこれと栄養学は考えていかないといけませんね。

ウィンターキャンプ!

4月のトレランを目標にしたはいいけど、それまでに何かこなしたいなと探していたら、鏑木さんのブログでイベントの告知が!!!

1月トレイルランニングツアーのお知らせ(鏑木 毅のトレイルランニングワールドブログ)
http://tsuyoshikaburaki.livedoor.biz/archives/1523536.html

なんと、千葉で合宿形式でトレランの勉強ができるとな!!これは行くしかあるまいと、早速応募のメールを出してみた。。。が、返事が来ない。
正直言ってトレラン未経験の状態なので、運営側の判断で却下されてしまうかもしれないと不安だけど、行くことができたのならばこれ以上の機会は無いと思う。しっかりと、着実に学ぶための大きな一歩になるのではないかと期待している。

そして今日も私はカーボローディングとは無関係にたらふくと炭水化物を摂取するのであった。
もちろん、次も食べます、白米を。

※連絡ありました。無事に参加できそうです!

体幹で走る!

先日お会いした福田さんに薦められて、金 哲彦さんのランニング・メソッドを購入した

金哲彦のランニング・メソッド
金 哲彦
高橋書店
売り上げランキング: 1317
おすすめ度の平均: 5.0

5 世界が広がる!
4 初心者にはお勧めだと思います
4 ランニングの心得本かな
5 ケガせず走り続けるために
4 初心者にはわからないところ、アリ。でも、よい本。

きっかけは・・・

実は、こっそり走っている。それもこれも前に見たUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)がきっかけである。まずは走ってみようと。いつか挑戦できるような人間になろうと。
そんなこんなで週末がメインになるんだけど近くを走り込んでいます。今月から走り始めてなんとか最初の目標である一月100kmは超えられそう。
ただ、走ることにかけては全くの素人。陸上部にいたわけでも誰かに教わったわけでもないのでフォームなんてものはよく分かっていない。
まずは学んでみようと思っていたところに紹介されたので渡りに船とはこのこととばかりに飛びついてみたのです。

体幹で走るとは

メインとなるのは「丹田」・「肩甲骨」・「骨盤」の3つを意識して走ること、とある。このあたりを意識して走るってことなんだけど・・・「丹田」がよく分からない。
丹田ってヨガとか格闘技の漫画とかには時々出てくる。位置はへその下5cmくらいの場所らしいんだけど、そこに意識を持ってくるというのがよく分からない。丹田に力を入れようとしているつもりでもどうしても腹筋に力が入ってしまっている。
ううむ。これは、ヨガでも習ったほうが分かるのかもしれないなぁ・・・。
ヨガ・・・ヨガ・・・。ダメだ。ダルシムしか思いつかねぇ

読んでいて思ったことは、それら他感を意識するということは確かに重要なんだろうけど、差し当たって私が走った後に痛くなる足の裏。土ふまずの痛みの原因はもしかして本書でいうところの”まっすぐな着地”が出来ていないからではないからかもしれない。
これは、早速次のトレーニングで試してみよう。

大会は?

本当は来年頭に行われる千葉マリンマラソンに挑戦したかったんだけど、あっという間に申し込みが定員オーバーしてしまった。
結構マラソンは今ブームなのかもしれない。
うーん、何か目標があったほうがいいから手近なところであると嬉しいんだけど。。。探さなきゃ><

って事で、探して申し込み。

第12回 Lafuma青梅高水山トレイルラン
http://www.sportsentry.ne.jp/event.php?tid=19831/

いきなりトレランだぜ!!
え?無謀?やってみなきゃわかんないぜ!

足の痛み

先週末はちょっと頑張って走ったので一時、筋肉痛になっていました。

それ自体は、まぁ大体予想通りなのですが、ちょっと特徴的な痛くなり方をしているので見直してみる。圧倒的に左足に痛みが多く来ているのだ。
具体的に言うと、

  • 土ふまず
  • もも

が痛い。一部は右足も痛いので、これは単純に走り方やフォーム。または、ただ単にオーバーワークだということになるんだと思う。ただ、それにしても片足に痛みが集中するというのはなぜか。
小一時間考えて、いくつか理由を考えてみた

  • コースが左回り
  • 体のバランスが悪い

もしかしたら両方ともいえるのかもしれないが、体のバランスに関しては正直自身がないのでこれが現在のところ有力候補。とはいえ、普段の生活からして体に染み付いてしまっているモノなので、バランスが悪いのかどうかすらわからない。
こういうのは整体とか、ヨガとかそういうのに行ったほうがいいのかな?このあたりがうまく改造できていくともう少し上を目指すことができるのではないだろうか。
シューズもトレラン用のやつを4月までに購入しなきゃいけないな!