ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ

東京国際フォーラムで開かれているクラッシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に行ってきました。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012
http://www.lfj.jp/lfj_2012/

毎年テーマを変えながら開かれるこのイベント。今年はロシアに関する音楽を中心とした構成になっていました。
といっても、私自身はクラッシックへの造詣が深い訳では無いのですが・・・。

0歳からのコンサート

イベントに参加するのは3年ぶり、3回目になります。
このイベントは

  • 1公演約45分。朝から晩までいくつものプログラムを気軽に楽しめる。
  • 国内外の一流の演奏を低料金で楽しめる。
  • 多彩な無料イベントを開催。
  • 0歳児からクラシックファンまで、誰でも楽しめる。
  • 街全体が音楽であふれた「お祭り」ムード一色に。

という形で行われています。
有料講演を一つでもチケット取れば、そのチケットの半券で様々な催しに参加出来ます。

特に、子供がじっとしていない。すぐに泣いてしまうような乳幼児を持つ親に取って
コンサートは基本的に参加の難しいイベント。
このラ・フォル・ジュルネにはそういった方を対象としたプログラムもいくつか用意されています。

かくいう私も5/3に行われた「0歳からのコンサート」に行ってきました。
今回の構成はチャイコフスキー一色でした。

そして、予想通り娘はじっとしていられずに暴れ回ってしまいました。
ただ、周囲もにたようなものなので、やっぱり少し気が楽ですね。

実は、妻としては他のプログラムに行きたいものがあったようですが、
やはり人気のプログラム。
あっという間に予約枠が埋まってしまって今回は断念。

それでも、子供達がじっとしてられない状態ではあったものの楽しめたようでした。

昼食

あいにくの天気だったので、屋外の屋台は散々な状態でした。
展示ホール内に一応売店があったのでのぞいてみたら。。。

美味しそうな料理が並んでいたので、早速ゲット。
ピロシキとかボルシチとか、あまり食べた記憶がありません。

特に、”ソーセージのシュークルート添え”というのは聞いた事すらありませんでしたが・・・

ザワークラウト(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%88

ドイツの名物料理であるキャベツの漬物。原義は「すっぱいキャベツ」。この酸味は乳酸発酵によるものである

ほー。キャベツなのか・・・ってドイツ??
まぁ、ロシアでも食べられているようなので問題ないってことかな。

全体的に味が濃いめで美味しく頂けたのですが、
調子に乗って食べてしまい、その後、胃に結構もたれました・・・。
食べ過ぎには注意しましょう・・・。

さてさて、このイベント。5月5日まで開かれていて、当日券も販売していたりします。
たまには日常的にクラッシックを聞かない人も、
一講演が45分で値段もそれほど高い訳でもないので訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です