キーボード買い替え

突如、Macで使っていたMagicKeyboardの一部キーが反応しなくなった。
我が家のiMacは2011年版なのでもう約10年か。。。
ちょっと釈然としない気はするものの、寿命と割り切って購入することに。
Amazonで見て、なんとなく選んだものを購入

見た目がなんとなくMagicKeyboardに近いというのと、お値段がお手頃ということ。Mac対応ということだけを見て選んでいます。

開封

箱を開けて、Mac対応と書いてある割に、OSの選択肢が「iOS」「Win」「Android」ない時点でものすごいやっちゃった感はありました。

結果からすると、MacとBluetooth接続すること自体は問題ないのですが、キーコンフィグ周りで問題がありました。
具体的には、日本語ー英語切り替えがうまくいきません。

あれこれ調べた結果、Karabina-Elementsというソフトをインストールするとキーコンフィグをいじれるということでインストール。設定しました。

https://karabiner-elements.pqrs.org/

詳しい設定方法はこちらを参考にさせていただきました。

https://creative89.com/2017/05/27/how-to-use-windows-keyboard-on-mac/

モードとしては、Windowsモードで設定するのが良いと思います。
私は半角カナキーに日本語、変換キーを英数キーとして割り当てています

使い勝手

基本的には問題ないです。
ただ、配置が独特なものがあるので、そちらに慣れるのに少し時間がかかりそう。特にSHIFTキー。

SHIFTキーの右側に、本来右上にあるキーが存在しているので、Shiftを押そうとするとかなり左側を意識して押す必要が出てきます。とても慣れない。

一方で、Bluetooth接続を最大3台まで切り替えることができるので、MacだけでなくWindows機に対しても使えそう。ただ、そこまでメインに使うとなると、このShiftは嫌だな〜とか、フルサイズのキーボードにした方が良かったかな〜?と思わなくもない感じですね。

Shiftキーがどうしても慣れなかったら、ちょっとお蔵入りかな。。。
それともiPadとかで使うようにしようかな?
少し様子見ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください