アクアラインマラソン結果

さて、初のフルマラソンとなったアクアラインマラソンです。

当日の10月21日は晴れ。
モノすっごい晴れで天気よすぎて暑いくらいの日でした。

 

私は最後方からのスタートとなったので、スタート地点まで行くのに20分近くかかると言う状態でした。
まぁ、タイムとしてはチップで管理されるのでのんびり歩いて行ったのですが、これが後々裏目に・・。

 

アクアラインと言う高速道路を走る。しかも、実は私はこれまで海ほたるには行った事が無いので、初めての海ほたるが走ってでの訪問と言う中々出来ない経験をする事になりました。

途中で安田大サーカスのクロちゃんも走っていて、いつもの甲高い声で声援に応えていました

 

結果

さてはて、結果からするとダメでした。
第4関門なので約24〜25km地点でタイムオーバーになってしまいました。
色々と反省するべき事が多かったので、この場を借りて考察したいと思います。

1.練習不足

まず絶対的にあげられるのが練習不足。
ここのところ、私的な理由であんまり練習出来ていなかった。
練習と言っても、基礎的なトレーニングを重ねていて距離を摘むような練習を全くしていませんでした。
やっぱりこれが一番の理由ではないかと思っています。
しょうがないと思う反面、悔やまれるところです。

2.持ち物

今回、給水所や給食所が幾つか用意されていたのですが、
アクアラインを走っている間は海ほたるにしか給水所がありませんでした。
暑い日に、日差しを遮るものが全くないアクアラインでは手持ちの水があればよかったな、と。

また、給食所をあてにして食べ物を持っていなかったのですが、
後方を走っていた私が到着した時には何一つ食べ物が残っていませんでした。
10時から走り始めていたので、1時を過ぎるともう腹ぺこ腹ぺこ。
この状態で残り数時間走り続ける事は厳しい!って頭になってしまい、心が折れてしまいました。

ハーフならそのまま問題なくは知れたのですが、フルマラソンともなると
ウェストポーチのようなものを持って、携行食を持参するべきだと感じました。

3.ペース配分

今回は初めてのフルマラソンと言うことで、どういうペース配分をするか悩みました。
考えた結果、スローペースで完走を目指そうと言う所。

これは結果としてもしかしたらもっと早い段階でリタイアする事になってしまったかもしれませんが、
スローペースすぎてしまったのではないかな〜と感じました。
ここは、やはり練習でも距離を走って自分の走れるペースと言うものを見つけるしか無いですね。

 

色々と反省点ばかりが残った初フルマラソンとなってしまいましたが、これを糧にちゃんと完走出来るよう練習したいと思います。
次の大会の予定が立っている訳ではないですが。

ちなみに、走り終わったあとそのまま会社の業務合宿があったので行くと言う
何とも悲しい一日でした・・・

 

金哲彦のランニング・メソッド
金 哲彦
高橋書店
売り上げランキング: 483

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です